Become an Infrastructure Engineer

もし宝くじがあったらインフラエンジニアになりたい!そのために宝くじを買う前の今から準備をしておこう!という主旨。

GNS3設定したこと

GNS3のインストール

インストール自体は簡単

https://exempla.jp/archives/311exempla.jp

iosを動かすためのローカルサーバとして、VMwareFusionを選択。(たまたま持っていたので)
ダウンロードして、OVFをインポートするのみ。

iosを設定

ググれば見つかるということでググったら見つかった!!
「gns3 ios ダウンロード」とか「gns3 iou l2 image download」とか

RTの作成

ググって探したイメージを利用します。

GNS3をインストールしてRTを作成し疎通確認するところまで


GNS3 Talks: Install GNS3 1.5.X on a Mac with GNS3 VM

L2/L3SWの作成

これはイメージだけでなくライセンスも必要。が、ライセンスもすぐに生成できる。

L2/L3SWを作成してIPアドレスを割り当てるまで


Install GNS3 VM v1.5.3 and IOU Images


ほとんど全てが、動画に沿ってやれば簡単にできた。

各種言語でFizzBuzzを

まずは最初にやること

FizzBuzz」を「ふぃずばず」って入力すれば変換されるようにGoogle日本語入力に登録しよう。

次にやること

どの言語を使ってFizzBuzzを書くか

  1. Perl
  2. Ruby
  3. Python
  4. JavaScript

どうでもいいけど、この世界が気になったキッカケが梅田望夫の『WEB進化論』で、2006年くらいの梅田望夫といえば「はてな」だったから。あとなぜか茂木健一郎も印象があるな。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

Perlの場合

I wrote FizzBuzz in Perl

Rubyの場合

I wrote FizzBuzz in Ruby

Pythonの場合

I wrote FizzBuzz in Python

JavaScriptの場合

I wrote FizzBuzz in JavaScript

メモ-javaScriptを簡単に実行する方法

今すぐ使えるJavaScriptを実行する方法 http://qiita.com/ukiuni@github/items/d077e2d450c79829a67f

まとめ

僕の場合、とにかくコードは考えてもわからないので、ネットで検索してでてきたものを、このブログに書き写すことで覚えようと思う。

考えて浮かんでくるわけでもないし、この書き方の方が筋が良いのでは?◯◯らしい書き方はこれだ!なんていう直感も働かない。だから発想とかプログラム言語的な考え方とか色々考え出しても仕方ないので、まずは見つけて暗記するくらいの気持ちで進めていこうと考えている。

なにより知っていること知っていることを我が物にしている感これを出すことを目指そうと思っている。